2007年03月30日

石垣牛とは

最近、グルメ番組や雑誌等で
石垣牛」が度々取り上げられていますよね。
「石垣島」で飼育された黒毛和牛のことですがぁ、
ちゅわこも数えるほどしか食べた事がないんですけど
初めて食べた時に、
そのとろける味にびっくりした経験があります。
このエントリでゎ、その「石垣牛」について
お話してみたいと思いまするんるんそもそも和牛とは、日本古来の食肉専用種で、

黒毛和種牛
褐毛(あかげ)和種牛
無角和種牛
日本短角種牛

の4種の総称だそうです。

うち、黒毛和牛(正式には黒毛和種牛)の国内流通量は、
牛肉全体の、15%程なんですって。

「松坂牛」とか「米沢牛」とか、
「○○牛」って産地名がつけられてますよね。

この産地の名前、
食肉に加工された場所を指してるのだそうです。

実ゎ石垣島で生まれた仔牛の8割は、
仔牛の段階で神戸や松坂に売られるケースが多くて、
産まれてから成牛になるまで石垣島で育てられた、
純粋な「石垣牛」ゎごく少数になってしまうんだそうですたらーっ(汗)

珊瑚礁が美しい、亜熱帯海洋性気候の島「石垣島リゾート
夏冬の気温差が少なく、日照量が十分あるので、
新鮮な牧草が年中育つ環境なんですよね。

「石垣牛」は、そういった環境の中、
のびのびと放牧されて育ちます晴れ

こうして、ストレスを感じることなく育った石垣牛は、
狭い牛舎で窮屈に育てられた牛と比べると、
グルコース(ブドウ糖)や脂肪が濃く、
味に深みがあり、ほのかな甘みすら感じるほどの
良質の霜降り肉ができるのだとか黒ハート


そうそう、牛肉って、
体脂肪を燃やして、
エネルギーに変える作用がある「カルニチン」や、
脳の若返りに良いと言われる「アラキドン酸」が
多く含まれるんですよね。

ここ数年、狂牛病の件で敬遠され気味だった牛肉ですがぁ、
本来ゎ、私たちの健康にとって良い事も
いっぱいあるんですよね…

国産牛ってなんか「ぜいたく品」って感じですけどっ、
せっかく贅沢するなら、
良い環境で育った良質の和牛をいただくのもいいかもですよぉ。

★脂身だけどしつこくなく、濃厚だけど臭みが無い。それが石垣牛のバラカルビです。【1万円以上...

posted by ちゅわこ at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぉー!

音沙汰ないと思ったら
だんだん出来上がってきてますねー^^

いい感じです。
また遊びに来ますね^^

Posted by ひでまる at 2007年03月27日 23:47
ひでまる様♪
ご無沙汰してすみませんm(_ _;)m
そろ2いかなくちゃって思ってて、
ずる2と…(汗)
いい感じですかぁ!ありがとうございますぅ☆
うれしいですぅ♪
てか、まだ2わかんないことがいっぱいですので、
今後ともご指導ご鞭撻を宜しくお願いいたしますぅm(_ _)m
Posted by ちゅわこ at 2007年03月28日 03:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。