2007年04月08日

横濱こだわり家の和牛コンビーフを食す

先日、お友達から、こんなメールが来たんですmail to

ちゅわこさん、
こんなコンビーフがあるのを知ってますか~?


和牛コンビーフパッケージ.jpg



このコンビーフ、以前「どっちの料理ショー」で、
サンドイッチの特選素材で紹介されていたものなんです。

放送の翌日、早速買いに行ったんですが、
開店前なのに、お店の前はすごい行列(汗)
住宅街の中に建ってるお店なんで、
なんか異様な光景でしたよ^^;
私の前に並んでいた、ちょっとごっついオッサンが、

「番組を見て大阪から来た」

な~んて言ってましたよ。
マスコミの影響力ってホント大きいですよね。
(つか、そのオッサンよほど暇人なのかな?)

そして初めて食べた和牛コンビーフの味ったら、
も~カルチャーショックでしたよ~。


今まで食べてたコンビーフは何だったんだ~!

って感じ(ちょっとオーバー?)
それ以来すっかり気に入っちゃって(笑)
年に何度か取り寄せしたり、
友人や親戚に送ったりしてるんですよ~。

B級グルメなんですけど、ご飯の上にそのまま乗っけて、
醤油かワサビ醤油を少々かけて食べるのが、
私は一番好きですね。
ご飯の上に乗っけると、コンビーフがしんなりして、
油がちょうどいい感じで
溶け出してくるのがたまりません(*^_^*)



お友達からのメールを読んだあと、
ちゅわこゎ超気になっちゃって、
購入しちゃいましたぁ手(チョキ)

そして、和牛コンビーフ少量パックが届きましたぁバッド(下向き矢印)

和牛コンビーフパッケージ.jpg


最高級和牛100%の「和牛コンビーフ」です
どっちの料理ショーの特選素材をはじめ、
メディアで何度も紹介されているというシロモノです。

こちらのコンビーフ、厳選された国産のお肉、
そして「伯方の塩」はじめ調味料は天然のものを使い、
保存料は不使用exclamation×2
他の添加物もやむを得ない場合だけ、
必要最小限で使用なさってるとの事ですハートたち(複数ハート)

ちゅわこが今回購入した“少量パック”
直径10cm程の円盤状で、横から見るとこんな感じです。
厚さ1cm位かにゃ?

横から見たコンビーフ.jpg


そーいえば、お友達がメールに書いてた、

今まで食べてたコンビーフは何だったんだ~!

って言葉、すごく気になったんですよぉ。
今までのコンビーフと、どう違うのかなぁ???

そこで100円ショップでコンビーフを購入して、
「和牛コンビーフ」と食べ比べてみることにバッド(下向き矢印)

100円ショップのコンビーフ.jpg

やっぱ高級和牛のコンビーフとゎ、格段に味が違いますねexclamation
でも100円コンビーフも頑張ってる感じなんですけどっあせあせ(飛び散る汗)

和牛コンビーフと100円コンビーフ、
最大の違いゎ食感かも…
100円ショップのコンビーフゎこのよーに
スジ」が多いために、
食感がパサパサしてるんぢゃないかなぁ???バッド(下向き矢印)

100円コンビーフの中身.jpg


ちなみにこちらが横濱こだわり家のコンビーフの中身です。
ミンチみたいな感じで、「スジ」ゎほとんど見当たらないです。
口の中でスッと溶けちゃって、旨味が広がるんですよねるんるん

和牛コンビーフ.jpg


和牛コンビーフですがぁ、
そのまま食べるだけだともったいなくてあせあせ(飛び散る汗)
“コンビーフマフィン”を作ってみましたぁバッド(下向き矢印)

コンビーフマフィン.jpg


コンビーフにマヨネーズとマスタードを
加えて混ぜたのと、レタスとスライスチーズを、
イングリッシュマフィンにサンドしましたぁわーい(嬉しい顔)

あとお友達が勧めてた、オン・ザ・ライスも(笑)

和牛コンビーフ オン・ザ・ライス.jpg


コンビーフの脂が、ご飯の熱で溶けて、
ご飯の甘さとかお醤油の香ばしさを引き立てながらも、
口の中で“旨味”を広げて行く感じ揺れるハート
お友達がハマっるのがわかりましたよぉ。
ちゅわこもハマりそーですし黒ハート

横濱こだわり家


和牛コンビーフゎ少量パックのと、
300g入りの普通サイズの2種類があります。
量的にゎ、少量パック1枚で、
100円ショップの缶詰コンビーフと同じぐらいかなぁ?

和牛コンビーフ、カナッペとかオムレツの中身とか…
いろんな応用が利きそうな感じですよぉぴかぴか(新しい)
というわけで、皆様も是非お試しくださいませ手(パー)
posted by ちゅわこ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。